ハーレーのフラットバルブエンジンって、どんなエンジンなの? - ハーレーカスタムパーツとハーレーグッズ XR1000の記事


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
また、上がったかな?

ハーレーのフラットバルブエンジンって、どんなエンジンなの?

harleyフラットバルブエンジン.jpg
Q ハーレーのフラットバルブエンジンって、どんなエンジン?
A シンプルで耐久性があるサイドバルブエンジンです

1929〜1973年まで使われたハーレーエンジン。サイドバルブとも呼ばれるエンジン。
軍用車両にも使われたエンジンです。サイドバルブエンジンとは、バルブがキャブの脇、
シリンダーの横についているエンジンです。

フラットヘッドエンジンのヘッドは、フィンが切られてるだけで、
あとはプラグ穴が開いてるだけです

フラットヘッドは、部品数が少なくシンプルな構造のため、耐久性に優れたエンジンです
ハーレー特有のドコドコ感は少なく、今のエンジンとは比べ物にならないけど、
当時としては優れたエンジンだったのです。

フラットヘッドの排気量は750ccのベビーツインと1000cc以上のビッグツインに分かれます。
ベビーツインはスポーツスターの原型になるKモデルに、ビッグツインは1200〜1300ccに
排気量アップされ、そのままナックルヘッド以降のビッグツインになっていきました。




ハーレーカスタムパーツはバイクブロス






-------------------------------------------------------------------------------------
関連記事


あ〜あ、やっちゃったよ

このハーレー、いまいくら?このハーレー、いまいくら?
このハーレー、いまいくら?ハーレー乗るための下取り

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
ハーレーで今、何位かな?

お気に入りに追加| はてなブックマークに追加 このページを Google Bookmarks に追加  
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © ハーレーカスタムパーツとハーレーグッズ XR1000の記事 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます